世界から学ぶ、ゴルフのコツ

一人一人がクリエーター!NsFarm@マルチクリエイター

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2016/5/19 ゴルフ

皆さんこんにちは。いつもご訪問頂きまして心より感謝申し上げます。

今回のレッスンは、

「アプローチにおけるハンドファースト」のレッスンです。

世界の動画レッスンを練習に取り入れて最速で 100 切り、90 切りを目指そう !

レッスン動画:Hit Better Pitch Shots From Tight Lies | Golf Digest


ハンドファーストとは、

"シャフトを前方に倒し、ヘッドよりグリップが前に出ている"

状態を指します。

通常アプローチでは、"ハンドファーストが良い"と言われてますが実はやり過ぎると弊害があります。

上の動画をみて頂くとわかりますが、ハンドファーストにすればするほど

"リーディングエッジ"

から地面に当たるようになります。

包丁で豆腐を切るイメージを持つとわかりやすいですが何かを切る時は尖ったものを使用します。

つまり、リーディングエッジは尖っている部分なのでリーディングエッジから地面に接すると地面に突き刺さり、

"ざっくり"

になりやすくなってしまいます。

逆に丸いもので何かを切ることは難しいですね。つまり、丸いものを使用することでザックリを防ぐことができます。

ではではゴルフクラブの丸い部分といえば、

"ソール、バウンス"

です。

ソールから先に地面に接すればクラブは芝の上を滑りやすくなるのでザックリを防ぐことが出来ます。

多少手前から入っても滑ってくれるのでダフりへの心配がかなりなくなります。

距離感、方向性に集中できるのでアプローチでピンに寄る頻度はぐーんと高まるでしょう。

"ソール、バウンス"から地面に接するよう適度にハンドファーストを作りアプローチしてみましょう !


関連記事

世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ


出掛けよう、ゴルフへ !

※楽天 GORA は、お気楽"一人予約"が可能です。

> 千葉県
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

Food × Sports × Heart = Great Life ! | Ns Farm、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ