世界から学ぶ、ゴルフのコツ

一人一人がクリエーター!NsFarm@マルチクリエイター

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2015/04/01 ゴルフ

若くして成功を収めている天才女子プロゴルファー、リディア・コ。彼女は「私の日常は魅力的ではないかも」と言います。というのも学校から帰るとすぐにゴルフ場に向かい、ストイックに練習に励むそうです。帰宅は夜の 8 時頃で家に着いてからはご飯を食べ、次の日の学校の準備をして寝る。そんな毎日だそうです。

これからプロを目指すジュニアゴルファーは、プロになる前に彼女のように真剣に「ゴルフ漬け」の日々を送ることによってリディア・コのようなプレーヤーに少しでも近づけるかもしれませんよ。

今回は、リディア・コのスローモーションスイング動画から「インパクトの真実」を見て行きたいと思います。一流プレーヤーのインパクトはどのようになっているのでしょうか。

動画: LYDIA KO - HANDS AT IMPACT (CLOSE UP SLOW MOTION) DRIVER SWING CME CHAMPIONSHIP TIBURON GOLF COURSE

この動画から分かるようにダウンスイングが始まりシャフトが腰を過ぎたあたりから、

シャフトが向かって「C の字」のように

しなり始めていますね。ほらっこんな感じです。

リディア・コ インパクト

この"シャフトのしなり"によってクラブヘッドが「加速」するのですね。この状態でインパクトを迎えるとクラブのロフトが増え、高く低スピンの「飛ぶ」ボールが打てます。男子プロがロフト 8.5°などのドライバーを使用しているにも関わらず、高さが出せるのはこのようなシャフトのしなりが影響しています。ただアッパーに打ち上げている訳ではないのです。

上級プレーヤーは手首(リスト)をうまくコントロールすることによって、ダウンスイングでシャフトにストレスを掛け、インパクト前にシャフトが「しなり戻ってくる反動を利用」して遠くにボールを飛ばすのです。

手首(リスト)はスイング中、緩い状態をキープしつつハーフウェイダウン(グリップが右太もも、シャフトが地面と平行に来たところ)に差し掛かると手首の動きがスロー(ある意味止まった)になります。結果としてシャフトにストレスが掛かり"C 字"しなるのです。

ハーフウェイダウンまでは手首を柔らかくヘッドを加速、ハーフウェイダウンから手首をゆっくり前に倒しながらシャフトをしならせる

飛ばせる人はこれが感覚的に身に付いています(無意識に出来てしまう)。

イメージでは、平らな石を川や池、湖に投げて遊んだ「水切り」の動きがボールを飛ばせる手首の動きに似ていると言ったあるドラコンチャンピオンもいました。

動画: リディア・コのスイング

自分は無理して頑張り過ぎず、

シャフトがお仕事してくれる!

それくらいの気持ちでゆったりスイングした方がシャフトがしなりやすかったりしますよ。

このシャフトの C字しなりが「インパクトの真実」

皆さんもこのシャフトのしなりを意識してスイングづくりを楽しんでください。


関連記事

世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ


出掛けよう、ゴルフへ !

※楽天 GORA は、お気楽"一人予約"が可能です。

> 千葉県
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

Food × Sports × Heart = Great Life ! | Ns Farm、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ