Golf Create

一人一人がクリエーター!NsFarm@マルチクリエイター

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2018/11/21 ゴルフ

皆さんこんにちは。いつもご訪問頂きまして心より感謝申し上げます。

わたくし最近ゴルフの"トリックショット&リフティング"にハマり中 

海外では"ゴルフボールジャグリング"なんて言葉も使われているようです。

場所も取らないし、スキマ時間で練習できる。道具さえ揃えれば練習にあまりお金がかからない。

スコアが良くなるかはわかりませんがリスト(手首)は確実に鍛えられます(笑)

まぁとにかく楽しいからハマっています。このページでは、

6 番アイアンのトリックショット

にチャレンジしてきた中で思ったこと気づいたことをまとめてみたいと思います。

#trickshot #juggling

 練習風景

View this post on Instagram

NsFarm Photoさん(@nsfarm.life)がシェアした投稿 -

6 番アイアンのトリックショット

インスタグラムフォローも是非!こちらから 

この日は秋深まる季節でした。"紅葉狩り"も兼ねて自然豊かな場所にある練習場へ 

トリックショットで大切なことの"安全確認と周囲の迷惑にならないか"をまずは確認。その後いざ練習~。

まずはリフティング。6 番アイアンのリフティングはウェッジのリフティングよりも

"シャフトと地面の関係が平行"

にする必要がありました。理由は 6 番アイアンの方がウェッジよりもロフトが立っているのでフェースを真上に向けようとすると必然的にシャフトを寝かせる必要があるからです。

シャフトが寝ることでリフティングした時のボールの衝撃が強くなったような印象を受けました。初めはインパクトの時の衝撃に負け、外側にボールを弾ませてしまうミスが出ました。この辺は数をこなして感覚を体に覚え込ませながら微調整する練習しましたよ。

次にリフティングからのショット。初めはとにかく焦ってしまいなかなかうまく行きませんでした。コツは、

"落ち着いて冷静にトス"

を上げることかなぁ~と思いました。

良い感じにトスが上げられるようになってくると気持ちにも体にも余裕が出てくる感覚がありました 

そして、肝心のショットですが自分の場合は、

"左足を軸"

にして打つと打ちやすかったです。

トスからショットまでの間に一呼吸おけるくらいの余裕が持てることが今後の課題です。

もっと数をこなして「成功率を高めなきゃ」って感じです。

 ゴルフウェア情報


関連記事

世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ


出掛けよう、ゴルフへ !

※楽天 GORA は、お気楽"一人予約"が可能です。

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

Ns Farm、TOP Golf Create、TOP Basket Create、TOP Trade Create、TOP