世界から学ぶ、ゴルフのコツ

一人一人がクリエーター!NsFarm@マルチクリエイター

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2018/8/16 ゴルフ

皆さんこんにちは。いつもご訪問頂きまして心より感謝申し上げます。

韓国の女性レッスンプロのエイミープロによる体に負担が少なくかつ効率的なスイング作りのための動画レッスンの解説です。

エイミープロ プロフィール

エイミープロ プロフィール

※参照、golfwithaimee.com

3 姉妹の末っ子。幼い頃からスポーツ万能でさまざまなスポーツを体験しながら成長。アウトドア好きでスーパーアクティブ。6 才でゴルフに出遭う。ジュニア時代からプロになるまで世界中の競技を転戦し、2004 年にプロ転向。その後、長引く足の故障によりティーチングの道へ進むことを決意。レッスンでは自らの故障経験をもとにジュニアからシニアまで体に負荷の少ない効率的なスイング作りのレッスンが受けられると好評。今では韓国ゴルフ界のスター的存在に。近年ユーチューブによるレッスンを開始。

今回のレッスンは、

「ディボットからの打ち方」のレッスンです。

エイミープロと一緒に怪我を予防し安定してボールを飛ばすスイング作りにチャレンジしてみましょう。

 レッスン動画:Hitting out of a DIVOT | Golf with Aimee

今回のレッスンは、「ディボットからの打ち方」。ちょいと例外的なレッスン。コンペなどでは 6 インチプレース(6 インチ以内であれば好きな場所に動かして良いという規則)を採用している場合がありますが当然ローカルルールの一種、公式大会では当然許されないルールです。

まぁ公式大会に出る予定のない方は、

「こんな打ち方もあるのねっ」

程度に流して貰えればと思います^^;

それでは行ってみましょう!

ディボットからのショットでエイミープロが最初に指摘したのは"状況確認"。どのくらいの深さのディボット!? 地面の硬さは!? を確認することが大切だそうです。

ディボットが深く、地面が硬くなるにつれ難易度が上がるので心してかかると良いでしょう(*^^*)

ポイントとしてはまず"コンタクトをしっかり"意識することが大切だそうです。そのためにクラブを短く握ってクラブをコントロールしやすいように準備しておきましょう。

次のポイントも"コンタクト"を意識したポイントでエイミープロは「スタンスを狭く~!」を提唱しています。スタンスを狭めることでコンパクトかつ正確なスイングがしやすくなるのですね。

次に体重配分。体重は 60% を目安に左足に乗せておくことが大切だそうです。体重を左足に乗せておくことで鋭角な入射角でインパクトしやすくなります。ディボットはボールが沈んでいて手前に地面があるため上からボールにコンタクトする必要がありますね。そのための準備として体重は左足に乗せておきます。

スイングはコンタクト重視の"スリークォータースイング"。しっかり当てて行きましょう!

最後にエイミープロが伝えてくれたことは"積極的なボディローテーション"。ちょいと今までのポイントからは矛盾する内容ですが「コンパクトに正確にでもでも出来る力限り強く~」ってな感じでしょうか^^;

慎重になりすぎずある種の"潔さ"がディボットからのショットのポイントかもしれません。

 まとめ

せっかく良いティショットを打ったのにボールはディボットの中。メンタル的には、「あ~あ」と嘆くより、

「よっしゃ!いっちょやってやるぜ~」

ってな感じでマイナスの状況下でも"状況を楽しむマインド"が大切だと有名なメンタルトレーナーの久瑠あさ美さんも講演でおっしゃってました(*^^*)

ディボットからのショットの鍵は、「技術×楽しむマインド」ですね。

ディボットにボールが入っていたら「メンタルを試されている!?ワクワク。」。そんな発想で楽しんでください♪


関連記事


出掛けよう、ゴルフへ !

※楽天 GORA は、お気楽"一人予約"が可能です。

> 千葉県
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

Food × Sports × Heart = Great Life ! | Ns Farm、TOP へ 世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、テニスのコツ、TOP へ 世界から学ぶ、バスケのコツ、TOP へ 熱血! NsFarm 情熱の投資部目次へ