Create

NsFarm@動画クリエイター兼エンジニア

↓高機能動画編集ソフト DaVinci Resolve のチュートリアル動画を配信中↓

 NsFarm チャンネルはこちら

2019/12/15 ブログ

皆さんこんにちは。いつもご訪問頂きまして心より感謝申し上げます。

先日、DaVinci Resolve を使って、

"Fusion の Film Look Luts を設定してシネマティックな映像を制作する方法"

を紹介したチュートリアル動画を NsFarm Channel にアップしました。

「知っていると便利なチョイテク」情報の共有や「こんなん作ったぜぃ」っていう作品紹介みたいなもので密かに盛り上がると嬉しいです。

基本「楽しむぜぃ」っていうスタイルでツイッター インスタグラム もやってますので気が向いたらフォローしていただけますと嬉しいです 

過去に配信した DaVinci Resolve 関係のコンテンツは、「NsFarm's DaVinci Resolve And Fusion Official Page」にまとめています。

 チュートリアル動画

Film Look LUTs in Fusion! / シネマティックな Luts を設定する方法。| DAVINCI RESOLVE 16.1

 制作を終えて

Fusion で Luts を設定する方法ですがまず一番簡単な方法はデフォルトの Luts を使用する方法です。

"Effects Library → LUTs" の中にデフォルトの Lut が入っています。いくつかフォルダに分かれています。今回は Film Look フォルダの中の"Rec709 Fujifilm 3513DI D65"を使ってみました。

Film Look Luts は、大きく分けてまず DCI-P3 と Rec709 に分類されています。その後、Kodac と Fujifilm に分かれさらにホワイトポイントが違う D55、D60、D65 があります。

D55 はやや Film Look の中では暖色系の D65 は、青が強くなり寒色系の設定になっていました。D60 はその中間です。

カラーページのスコープでその差がわかりやすい映像があったので動画内で紹介しています。

DCI-P3 と Rec709 は色域が違うため映像に違いが出ます。また、Kodac と Fujifilm もコントラストなど違いがあるのでご使用する映像、クリップに当ててみてどの Luts が好みの色合いになるか試してみて頂きたいと思います。

もちろんお気に入りの Luts ファイルがあれば DaVinciResolve に取り込んで呼び出すことが出来ます。その方法も動画内で紹介しています。

今回フラッシュのアニメーションを作成する際に Spline の設定で便利なものを見つけました。

"Step In / Out" の設定です。

ギザギザののこぎり波を矩形波(パルス)に変換してくれるのでとっても便利です。

キーフレームの設定と変更が Spline 上で簡単に出来るようになる設定でとってもおすすめです!

参考にしてみてください。

 主な使用ノード

・FileLUT

・Text+

・Rectangle

・Shadow

最終的なノード構成はこんな感じになりました。

 PC 環境

制作に使用した時の PC 環境の紹介です。

------------------------------------------

PC: G-Master Spear Z390-Taichi OC

CPU: Intel Core i9-9900K [5.0GHz OC]

GPU: GeForce RTX2080Ti 11GB

Memory: 32GB

Keyboard:Logicool K750r

Mouse:Logicool M220GR

Mic:FIFINE K670

Headset:SONY MDR-XB450

------------------------------------------

 まとめ

今回は シネマティックな Luts を使用するとともにフィルムルックな演出によく使用されるレターボックスのアニメーションも作成してみました。

シネマスコープの 1:2.35 の比率になるように Fusion で設定しています。

また、テキストアニメーションの作成方法も合わせて紹介しているので参考になれば嬉しく思います。

ではではこれからも DaVinci Resolve の使い方、魅力を伝え、皆様の映像制作に少しでも刺激を与えられたらと思っています。

それでは最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 みんなのコメントコーナー

皆さんとの技術&作品共有の場になれば幸いです。

Comment Box is loading comments...

関連記事

contens

Ripple ! 画面に波紋、波動のような波エフェクトを付ける方法 | Davinci Resolve Fusion チュートリアル
液体金属!?Chrome 系メタリックテキストアニメーションの作り方 | Davinci Resolve Fusion チュートリアル
Glass Shatter ! ガラス粉砕エフェクトの作り方 | Davinci Resolve Fusion チュートリアル
Fusion を使って Double Exposure(多重露光、二重露光) 影像を作る方法 | Davinci Resolve Fusion チュートリアル
Spotify / Duotone / カラーグレーディング | Davinci Resolve Fusion チュートリアル
拡張プラグインを一括管理。Reactor のインストール方法と使い方。
After Effects の Turbulent Displace っぽく使用できる Fusion テンプレートマクロの使い方。
Follower を使ったテキストの連続アニメーションと 3D テキストに Icon の画像をシェーディングする方法。
桜吹雪!3D テキストシェーディングと pBounce を使った桜吹雪エフェクトの作り方。
DaVinci Resolve Fusion で使えるフリーマクロテンプレート、SnsTextAndIcons のご紹介と使い方。
DaVinci Resolve Fusion の Wedding(ウェディング)系、フリーマクロテンプレート!
Fusion の Expression(エクスプレッション)を使ってレスポンシブなテキストアニメーションを作る方法 | Davinci Resolve Fusion チュートリアル
Responsive Text Animation in Fusion! レスポンシブなテキストアニメーションの作り方 | DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Perturb で半自動!シンプルターゲットロックオンアニメーション in Fusion。HUD にも応用できます。 | DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Wand ツールの使い方と色が一文字ずつ変化するカラフルテキストアニメーションの作り方 in Fusion | DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Hologram ! Fusion を使ってホログラムエフェクトを作る方法 | DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Freeze Frame introduction! 集中線、アメコミ風吹き出し、画像の縁をデザイン | DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Scrolling Text! シンプルなエンドロールを作る方法。| DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Cinematic Title in Fusion! (2/2)/ 【後編】音と映像を合わせてスモークと光とパーティクルを追加する方法。| DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Cinematic Title in Fusion! (1/2)/ 【前編】シネマティックなタイトルの作り方(ディズニー風)。| DAVINCI RESOLVE 16.1.2
連番のイメージファイルが上手く読み込めない時の対処法。| DAVINCI RESOLVE 16.1.2

NsFarm's DaVinci Resolve And Fusion Official Page、TOP へ


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

ソフトウェアエンジニア視点の奥深さ。

でも、どこかオシャンティ感のある動画編集方法を配信しているチャンネルを運営しています ↓

 NsFarm チャンネルはこちら

チャンネル登録ヨロシクです!

Ns Farm TOP DaVinci Resolve Create TOP Golf Create TOP