Create

NsFarm@動画クリエイター兼エンジニア

↓高機能動画編集ソフト DaVinci Resolve のチュートリアル動画を配信中↓

 NsFarm チャンネルはこちら

公開日:2019/7/20 更新日:2020/3/31 ブログ

皆さんこんにちは。いつもご訪問頂きまして心より感謝申し上げます。

先日、DaVinci Resolve16 を使って、

"Fusion の Macro 機能を使ってテンプレートを作成する方法"

という Youtube 動画を作成しました。その内容をこのブログでフォロー及びまとめてみたいと思います。

「知っていると便利なチョイテク」情報の共有や「こんなん作ったぜぃ」っていう作品紹介みたいなもので密かに盛り上がると嬉しいです。

基本「楽しむぜぃ」っていうスタイルでツイッター インスタグラム もやってますので気が向いたらフォローしていただけますと嬉しいです 

過去に配信した DaVinci Resolve 関係のコンテンツは、「NsFarm's DaVinci Resolve And Fusion Official Page」にまとめています。

最近力を入れている NsFarm Channel はこちらから 

 チュートリアル動画

【DaVinci Demo】Fusion の Macro 機能を使ってテンプレートを作成する方法。| DAVINCI RESOLVE 16

 Macro 機能

DaVinci Resolve 16 の Fusion ページには、Macro 機能があります。

Fusion は、ノードと呼ばれるエフェクトをつなげたりパラメータを変更したりしてビジュアルエフェクトやモーショングラフィックを作成します。

Macro 機能は例えば、作成したエフェクトを登録出来る機能です。

Macro 機能を使い Setting ファイルを作成する時にパラメータのチェックボックスが出てきます。

チェックボックスを付けたパラメータは Macro を呼び出した時に Inspector で変更することが出来ます。

また、Macro 機能を使って作成した Setting ファイルを

"C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Blackmagic Design\DaVinci Resolve\Support\Fusion\Templates\Edit\Titles"

に保存すると、Edit ページで使用できる Fusion Titles のテンプレートとして登録することが出来ます。

お気に入りのローワーサードを作って登録することが出来るので便利です。

皆様も是非使ってみてください。

 動画の文字起こし

動画の内容を文字起こししてみました(今回もざっくりと雑目に、、、)

----------------------------------

皆様こんにちは。今日は、Davinci Resolve 16、Fusion の Macro 機能を紹介したいと思います。

Fusion の Macro 機能を使用すると、例えば、プリインストールされている Fusion Titles を自分好みにアレンジしてから Edit ページの Effects Library にテンプレートとして追加することが出来ます。

テンプレートとして登録すると便利に使うことが出来ます。

それでは、実際に作っていきたいと思います。

Edit ページを開きます。

左上に Effects Library というタブがあるのでクリックします。

Toolbox の Titles にプリインストールされた Fusion Titles が入っています。

初心者の方にも使いやすいテンプレートがいくつか登録されています。

今回は、"Lower 3rd Simple Line" という文字通りシンプルなものを例にやってみたいと思います。

それではドラッグアンドドロップしてタイムラインに持ってきます。

デフォルトではこのようなクリップになっています。

テンプレートを使用する時は、動画の雰囲気に合わせてフォントやカラーを変更すると思います。

Edit ページではそのような変更は、Inspector を使って変更します。

このようにアレンジしたクリップを再利用したい時は、、クリップをコピーアンドペースト、または、Alt を押しながらクリックして移動すると複製することが出来ます。

ただ、ある程度編集規模が大きくなってくるとクリップを探すのがとても大変であまり現実的な方法ではありません。

その都度、フォントやカラーをアレンジするのも大変です。

そのような時に、Fusion の Macro 機能を使用すると便利です。

それでは、Fusion Macro の作成方法を紹介します。

タイムラインに追加したクリップの上にヘッドをもってきて Fusion ページに移動します。

プリインストールされた Fusion Titles はこのようなノード構成になっています。

一見シンプルに見えますがこのノードはグループ化されています。

ノードの上で右クリックして "Expand Group" を選択するとグループを開くことが出来ます。

実際にはこのようなノードが使用されています。

Fusion ページでアレンジする方法は、ノードの Inspector を使用します。新しいノードを追加してアレンジすることもできます。

気に入ったものにアレンジ出来たら、Macro を作成します。

その方法は、まず、Macro 化したいノードを選択します。今回は全てのノードを Macro 化するので全体を選択してからあるノードの上で右クリック、Macro → Create Macro を選択します。

すると Macro Editor が開きます。 Macro Editor ではパラメータにチェックマークを付けることが出来ます。

チェックマークを付けた項目が Edit ページの Inspector に表示されあとで変更することが出来る項目になります。

わかりやすい名前、例えば "My Lower 3rd Simple Line" と名前を変更してから 今回は、mainText → Text の中にある「StyledText」、「Size」にチェックマークを付けてみます。

File → Save を選択します。

デフォルトでは、このパスのフォルダーに Macro を保存するようになっています。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Blackmagic Design\DaVinci Resolve\Support\Fusion\Macros

今回は、Edit ページのテンプレートに登録したいのでパスを変更します。

一つ上の階層に移動して「Templates → Edit → Titles」に移動して保存します。

C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Blackmagic Design\DaVinci Resolve\Support\Fusion\Templates\Edit\Titles

保存したら一度 DaVinci Resolve を再起動します。

再起動したら Edit ページで確認してみます。 Effects Library 先程作成した Macro が登録されていることを確認出来ました。

Macro を作成する際にチェックマークを付けた項目はこのように Edit ページの Inspector で変更出来ます。

使用頻度が高いお気に入りのクリップはこのように Macro を作成すると便利だと思います。

是非試してみてください。

今回は、Fusion の Macro 機能を使ってアレンジした Fusion Titles をテンプレートとして登録する方法を紹介しました。

もちろんゼロから作成した Fusion のノードも Macro にすることが出来ます。

 オリジナルコントロール付きマクロ(オススメ関連テクニック)

こちらでは、Node(Costom Tool) に Edit Control を使って新しいコントロールを追加してそのマクロを作成しています。

Expression - Edit Controls - Responsive | Davinci Resolve Fusion チュートリアル

 PC 環境

制作に使用した時の PC 環境の紹介です。

------------------------------------------

PC: G-Master Spear Z390-Taichi OC

CPU: Intel Core i9-9900K [5.0GHz OC]

GPU: GeForce RTX2080Ti 11GB

Memory: 32GB

Keyboard:Logicool K750r

Mouse:Logicool M220GR

Mic:FIFINE K670

Headset:SONY MDR-XB450

------------------------------------------

 まとめ

Fusion の Macro 機能。わりとディープでマニアックな機能の紹介でした(笑)

一部のフュージョニストを目指す方に響く内容となっていれば嬉しく思います^^

これからももっと DaVinci Resolve の魅力を伝えていけるように頑張っていきたいと思います。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 マクロフォルダに

 みんなのコメントコーナー

皆さんとの技術&作品共有の場になれば幸いです。

Comment Box is loading comments...

関連記事

contens

New After Effects の Turbulent Displace っぽく使用できる Fusion テンプレートマクロの使い方。
New Follower を使ったテキストの連続アニメーションと 3D テキストに Icon の画像をシェーディングする方法。
桜吹雪!3D テキストシェーディングと pBounce を使った桜吹雪エフェクトの作り方。
DaVinci Resolve Fusion で使えるフリーマクロテンプレート、SnsTextAndIcons のご紹介と使い方。
DaVinci Resolve Fusion の Wedding(ウェディング)系、フリーマクロテンプレート!
Fusion の Expression(エクスプレッション)を使ってレスポンシブなテキストアニメーションを作る方法 | Davinci Resolve Fusion チュートリアル
Responsive Text Animation in Fusion! レスポンシブなテキストアニメーションの作り方 | DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Perturb で半自動!シンプルターゲットロックオンアニメーション in Fusion。HUD にも応用できます。 | DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Wand ツールの使い方と色が一文字ずつ変化するカラフルテキストアニメーションの作り方 in Fusion | DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Hologram ! Fusion を使ってホログラムエフェクトを作る方法 | DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Freeze Frame introduction! 集中線、アメコミ風吹き出し、画像の縁をデザイン | DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Scrolling Text! シンプルなエンドロールを作る方法。| DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Cinematic Title in Fusion! (2/2)/ 【後編】音と映像を合わせてスモークと光とパーティクルを追加する方法。| DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Cinematic Title in Fusion! (1/2)/ 【前編】シネマティックなタイトルの作り方(ディズニー風)。| DAVINCI RESOLVE 16.1.2
連番のイメージファイルが上手く読み込めない時の対処法。| DAVINCI RESOLVE 16.1.2
Film Look LUTs in Fusion! / シネマティックな Luts を設定する方法。| DAVINCI RESOLVE 16.1
Particles moving along a path! / パーティクルをパスに沿って動かす方法。| DAVINCI RESOLVE 16.1
Frequency Separation Retouching in Fusion! フュージョンでフォトショップのレタッチを再現!| DAVINCI RESOLVE 16
Spot Removal in Fusion! Erode/Dilate を使った顔のシミの除去方法 | DAVINCI RESOLVE 16
Change the lip color in Fusion! フュージョンを使ったリップスティックエフェクト | DAVINCI RESOLVE 16
Bubbles logo in Fusion! 泡から出てくるロゴアニメーションの作り方 | DAVINCI RESOLVE 16
GridWarp! 変形ツールの使い方とおまけでキャッシュについて | DAVINCI RESOLVE 16
Smooth Twist! スムーズツイストトランジションの作り方 | DAVINCI RESOLVE 16
Sobel(ソーベル)を使ってエッジ検出。その後エッジを光らせるビジュアルエフェクトを作ってみました。| DAVINCI RESOLVE 16
TimeSpeed! カラフルシャッターの作り方(for スライドショー & トランジション)。| DAVINCI RESOLVE 16
Displace ! ズラし系シンプルスライドショーの作り方(Simple Slideshow)。| DAVINCI RESOLVE 16
Eye zoom! アイ/瞳/目ズームトランジションの作り方。| DAVINCI RESOLVE 16
Face Blur and Stamp Mask In Fusion. (顔に動くぼかしとスタンプマスクの作り方)。| DAVINCI RESOLVE 16
スムーズロールトランジション!(Smooth Roll Transition)。| DAVINCI RESOLVE 16
Chase the Target!(吹き出しとトラッキングテクニック)。| DAVINCI RESOLVE 16
Video In Text!テキストの中にビデオを表示する 4 つの方法。| DAVINCI RESOLVE 16
Kanji Stroke!漢字のテキストアニメーションを作成する方法。| DAVINCI RESOLVE 16
レターボックス(シネマスコープ)の追加とアニメーションの設定方法。| DAVINCI RESOLVE 16
Ramdom テキストアニメーションの作成方法(Glitch(グリッチ)系)。| DAVINCI RESOLVE 16
Fusion の Macro 機能を使ってテンプレートを作成する方法。| DAVINCI RESOLVE 16
【DaVinci&Cut】カットページの使い方。Beginners's guide。| DAVINCI RESOLVE 16
【DaVinci&Fusion】Expression と Camera(カメラ) 3D の使い方 | DAVINCI RESOLVE 16
【DaVinci&Fusion】テキストパーティクル(Text Particles)の作り方 | DAVINCI RESOLVE 16
【DaVinci&Fusion】ネオンアート(Neon Ait)の作り方 | DAVINCI RESOLVE 16
【DaVinci&Fusion】動くチークペイント!Planar Tracker の使い方 | DAVINCI RESOLVE 16
【DaVinci&Fusion】瞳を追尾せよ!Tracker(トラッカー)の使い方 | DAVINCI RESOLVE 16
【DaVinci&Fusion】ネオン系テキストアニメーションの作り方 | DAVINCI RESOLVE 16

NsFarm's DaVinci Resolve And Fusion Official Page、TOP へ


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

ソフトウェアエンジニア視点の奥深さ。

でも、どこかオシャンティ感のある動画編集方法を配信しているチャンネルを運営しています ↓

 NsFarm チャンネルはこちら

チャンネル登録ヨロシクです!

Ns Farm TOP DaVinci Resolve Create TOP Golf Create TOP