Food × Sports × Heart = Great Life !

一人一人がクリエイター!NsFarm@Webクリエイター

↓DaVinci Resolve のチュートリアル動画を配信中↓

 NsFarm チャンネルはこちら

2019/11/17 ブログ

皆さんこんにちは。いつもご訪問頂きまして心より感謝申し上げます。

先日、DaVinci Resolve を使って、

"顔のシミの除去エフェクト"

を紹介したチュートリアル動画を NsFarm Channel にアップしました。

「知っていると便利なチョイテク」情報の共有や「こんなん作ったぜぃ」っていう作品紹介みたいなもので密かに盛り上がると嬉しいです。

基本「楽しむぜぃ」っていうスタイルでツイッター インスタグラム もやってますので気が向いたらフォローしていただけますと嬉しいです 

 チュートリアル動画

Spot Removal in Fusion! Erode/Dilate を使った顔のシミの除去方法 | DAVINCI RESOLVE 16

 制作を終えて

今回は画像処理のノイズ除去でよく使われるテクニックのモルフォロジー変換を応用した動画チュートリアルを作成してみました。

きっかけは、DaVinciResolve の Fusion のツールを一つ一つ見ていた時に"Erode / Dilate"ノードを見つけたのがきっかけです。

ちょっとビューティー系に応用したかったので"顔のシミ(ほくろ)の除去エフェクト"に応用してみました(そばかすのような広範囲なものでも OK です)。

"Erode / Dilate" っていうと難しそうですが簡単に言うと、

です。

そしてこの 2 つのアルゴリズムが組み合わさると、

Erode → Dilate (収縮させてから膨張させる)処理を Opening(オープニング)

Dilate → Erode (膨張させてから収縮させる)処理を Closing(クロージング)

って呼ばれています。

基本的にはワンセットで「収縮させたら膨張させて戻す。膨張させたら収縮させて戻す。」ことで元の画像から不要なノイズを除去します。

例えば今回のように顔にあるシミ(黒)を除去したい場合は、Dilate で白の領域を一度膨張させます。すると黒の領域が白の領域で塗りつぶされます。これで黒のシミを除去した後、Erode で収縮させれば黒のシミの部分以外は元に戻ります。

そんなテクニック、アルゴリズムです。

 主な使用ノード

・Erode / Dilate

・Tracker

ノード構成はこちらです。

 PC 環境

制作に使用した時の PC 環境の紹介です。

------------------------------------------

PC: G-Master Spear Z390-Taichi OC

CPU: Intel Core i9-9900K [5.0GHz OC]

GPU: GeForce RTX2080Ti 11GB

Memory: 32GB

Keyboard:Logicool K750r

Mouse:Logicool M220GR

Mic:FIFINE K670

Headset:SONY MDR-XB450

------------------------------------------

 まとめ

今回は、Erode / Dilate ツール(ノード)の使い方とサンプルを紹介したチュートリアルになりました。

ノイズ系で応用出来ると言ったら他にどんなものがあるのかと少し考えてみました。

・服の汚れ

・映像に不要な細かなゴミ

・いたずら書き

なんかが思いつきましたが皆様はいかがですか!?

ではではこれからも DaVinci Resolve の使い方、魅力を伝え、皆様の映像制作に少しでも刺激を与えられたらと思っています。

それでは最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 みんなのコメントコーナー

皆さんとの技術&作品共有の場になれば幸いです。

HTML Comment Box is loading comments...

関連記事


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

ソフトウェアエンジニア視点の奥深さ。

でも、どこかオシャンティ感のある動画編集方法を配信しているチャンネルを運営しています ↓

 NsFarm チャンネルはこちら

チャンネル登録ヨロシクです!

Ns Farm TOP DaVinci Resolve Create TOP Golf Create TOP