Food × Sports × Heart = Great Life !

一人一人がクリエーター!NsFarm@マルチクリエイター

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらから↓

メルマガ登録

2019/5/5 ブログ

皆さんこんにちは。いつもご訪問頂きまして心より感謝申し上げます。

先日、DaVinci Resolve16 の、

"Tracker(トラッカー) の使い方"

を紹介した Youtube 動画を作成しました。その内容をこのブログでフォロー及びまとめてみたいと思います。

「知っていると便利なチョイテク」情報の共有や「こんなん作ったぜぃ」っていう作品紹介みたいなもので密かに盛り上がると嬉しいです。

基本「楽しむぜぃ」っていうスタイルでツイッター インスタグラム もやってますので気が向いたらフォローしていただけますと嬉しいです 

 レビュー動画

【DaVinci&Fusion】瞳を追尾せよ!Tracker(トラッカー)の使い方 | DaVinci Resolve 16

DaVinci Resolve16 には Tracker というノードがあり、動画の中のパターンをトラッキングしてくれる機能があります。

トラッキングデータを作成したらそのデータに他の素材(テキストとか画像)を結びつけてマッチムーブさせることができます。

例えば、動いている人物をトラッキングします。そして、名前を表示したテキストを動いている人物に連動した動きでつけることができます。

レビュー動画では人物の瞳にトラッキングを行い"#EyeTracker"という吹き出しをつけてみました。

実際にトラッキングしてみると瞳を閉じた時に無駄な動きをするトラッキングの軌跡が作成されました。

その修正は、無駄な動きのあるフレームのポイントを手作業にて削除または移動させることによって行いました。

調べてみると実際に完璧にトラッキングさせることは難しいようである程度手作業で修正することは必要なようですが、

・トラッキングする場所はコントラストが高いところにする

・Tracker のパラメーター(Inspector)の設定を変更する

・トラッキングエリアの指定方法を変えてみる

といったところをうまく設定できれば手作業で行う部分を極力減らせるように思います。

色々なレビューをみて方法を参考にしつつ自分で試行錯誤するといった経験の積み重ねが大切だと感じました。

DaVinci Resolve16 でマッチムーブをやってみたい場合は参考にしてみてください。

 まとめ

今回は、"Tracker"というノードを使用してみましたが DaVinci Resolve16 には"Planar Tracker"という別のノードも用意されています。

今度はそちらを使って試してみようと思っています。違いなどがわかったらまた報告したいと思います。

それでは!

 みんなのコメントコーナー

皆さんとの技術&作品共有の場になれば幸いです。

HTML Comment Box is loading comments...

関連記事


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

Ns Farm、TOP Golf Create、TOP Basket Create、TOP Trade Create、TOP