Golf Create

一人一人がクリエーター!NsFarm@マルチクリエイター

↓DaVinci Resolve を使った動画編集テクニックを配信中↓

 NsFarm チャンネルはこちら

2019/5/22 ゴルフ

皆さんこんにちは。いつもご訪問頂きまして心より感謝申し上げます。

このページでは、

PING(ピン) G410 シリーズ

の情報をまとめています。


性能重視の PING が、あなたのゴルフをガッチリサポート

楽天のロゴ ⇒ PING ドライバー

 ⇒ PING ドライバー

 初期情報

2018 年も残すところわずかとなりました。年の瀬を前にベストスコアーを目指してラウンドの予定を入れているゴルファーさんやめっきり寒くなっても積極的にコースに出かけるアクティブゴルファーさんもいらっしゃるでしょうね~ 

そしてそろそろ"2019 年のドライバー選び!"そんなことを考える季節でもあります。

私は先日ドライバーのシャフトを粉砕してしまったので、

「良い感じにぶっ飛びそうなドライバーが出たら買いたいなぁ~」

そんな気持ちで 2019 年の新作ドライバーをチェックしています。嫁さんには"シャフトのみの交換"を勧められていますが、、、

View this post on Instagram

NsFarm Photoさん(@nsfarm.life)がシェアした投稿 -

実際にシャフトが折れた時を撮影していた映像

そんなこんなで今気になっているのが先日発表された「コブラ F9 SPEEDBACK ドライバーとまだ未発表の 「PING の 2019 年の New ドライバー」です。

そして、調べていたら @MyGolfSpy さんが"2019 年の注目となるかも"的リストをツイートしていました。

@MyGolfSpy さん独自の判断で未確認のものもあるそうですがリストアップされたのはこちら。

その中に"PING G410"が PING の 2019 年モデルとしてラインナップされています。どうでしょうズバリ的中で出るのでしょうかね~。@MyGolfSpy さんのことなのでまったくの当てずぽうってことはなくなんらかの情報に基づいているような気がします。

一部情報では、

黒を基調に赤がアクセントになっている

という見た目(デザイン)の情報もあります。G400 と比較して高い MOI を実現し空気抵抗を限りなく低減しヘッドスピードをより高くするタービュレーターは継続かつヘッド後方のデザインが一新されているようです。

G400 Max は、2019 年の 7、8 月まで発売が継続されるようなのでこちらの価格が良い感じになったころを狙うのも賢い選択かもです。

いずれにせよ PING さんからの情報を待ち、追加情報は随時アップしていきたいと思います 

2019 年の PGA Merchandise Show あたりで発表されるかもです。

 初めて画像を見た感想

画像が出始めました。SF TEC モデルですねー。

個人的には好きですよーこの感じ。どことなく重厚感を感じるので。前情報通り"黒を基調に赤がアクセント"になっています。SF TEC モデルがあるってことは通年通りロースピンモデルの LS TEC やスタンダードモデルもありそうですね~。

(※G410 ドライバーは、SF TEC モデルと PLUS モデルだそうです(2019/1/21 現在)。PING はロースピンモデルを一旦ラインナップから外しています。 LS TEC はあまり売れなかったのかな、、、)

(※2019 年 5 月吉日。G410 LSTドライバーが発表されました。)

さらに G400 の時は、「PING G400 Max ドライバー」が出て大型新人のキャメロン・チャンプのエースドライバーとして規格外の飛距離が話題になりました。

"G410 MAX ドライバー"が出るのか期待は膨らみます。

 G410 PLUS ドライバー!?

G410 シリーズに新たな画像のリークがありました。

View this post on Instagram

Golf Timesさん(@golftimesx)がシェアした投稿 -

ソール部に"PLUS"が刻印されています。過去には発売されていないモデルです 

"PING(ピン)初のウェイトによるドロー、フェードのバイアス設定機能付き"との情報です。

ヘッド後方の輪郭に沿って溝が切られていますが①センター ②トゥ側の FADE ③ヒール側の DRAW の 3 ポイントに 16g のウェイトを移動させるスタイルのようです。ソールではなくヘッド後方部を使ったところがポイントになりそうです。

刻印名のようにまさに新たなラインナップに"PLUS(プラス)"されそうなニュードライバー。PING(ピン)ファンには期待感を膨らませるホットな情報ですね。

アジャスタブルホーゼルによる調整幅はロフト角とライ角の組み合わせで 8 段階。

①ロフト角:0°、ライ角:ニュートラル

②ロフト角:+1.0°、ライ角:ニュートラル

③ロフト角:+1.5°、ライ角:ニュートラル

④ロフト角:-1.0°、ライ角:ニュートラル

⑤ロフト角:-1.5°、ライ角:ニュートラル

⑥ロフト角:0°、ライ角:フラット

⑦ロフト角:-1.0°、ライ角:フラット

⑧ロフト角:+1.0°、ライ角:フラット

View this post on Instagram

PING Golf Europeさん(@pinggolfeurope)がシェアした投稿 -

ヘッドサイズは 455cc 。

 価格は!?

価格は、SFT モデル、PLUS モデルともに、

本体価格:69,000円(税抜)・・・シャフト:ALTA J CB RED、ALTA DISTANZA、PING TOUR 173-65、PING TOUR 173-75

本体価格:81,000円(税抜)・・・シャフト:The ATTAS、Speeder EVELUTION V

本体価格:84,000円(税抜)・・・シャフト:TENSEI CK Pro Orange

であれば弾道調整機能のある PLUS モデルの方がお得感とカスタマイズ性から単純に考えると売れそうです。

 G410 アイアンの画像

G410 アイアンの画像も出始めました。

View this post on Instagram

Lefty_stachemanさん(@lefty_stacheman)がシェアした投稿 -

ヘッド先端には、i500 アイアン、i700 アイアンで見られた高 MOI を実現するスクリュー的なものが G410 アイアンにも搭載されているようです。

View this post on Instagram

Kyleさん(@shakeandbakegolf)がシェアした投稿 -

先端のスクリューはやや下目に位置し斜め 45°方向を向いています。高弾道を実現するモデルのようです。G410 アイアンに関しては下記サイトにて別途まとめたいと思います。

【ギヤガイド】G410 アイアンは、先端のスクリュー位置が微妙に進化。

 リックプロの試打レビュー

リックプロの試打レビューです。

リック・シールズ(Rick Shiels)さんは、PGA プロゴルファーでゴルフコーチ。近年はゴルフ界を代表するユーチューバーとして活躍。

rick shiels

リックプロ

This is THE DRIVER to beat in 2019.......

試打スペックは、

試打データ ヘッドスピード ボールスピード ミート率 キャリー トータルディスタンス 打ち出し角 トータルスピン
リックプロ最適値 110-113 mph 159-163 mph 1.44° 278-284 ヤード 298-304 ヤード 11-13° 2000-2250 rpm
G410 PLUS ドライバー 112 mph 162 mph 1.45° 288 ヤード 310 ヤード 13.2° 2100 rpm
G400 MAX ドライバー 111 mph 160 mph 1.44° 280 ヤード 301 ヤード 13.0° 2250 rpm

 G410 LST ドライバー

(2019/5/22 追記)。

密かに待っていた方も多いハズ。ついに低スピンモデルの"G410 LST ドライバー"登場です(2019年7月4日発売予定だそうです)。

「G410 LSTドライバー」プロモーションムービー

見た目的にはレッドラインを無くした渋いブラック仕様。ヘッド容量は、450cc ヘッドとややシャープになっています。

重心は PLUS と比較して 5% フェース寄りの低スピン設計。MOI(慣性モーメント)が約 3% 向上し LST 史上最大になったところもさらにブレを軽減させてくれる仕様なのでポイントですね。弾道調整機能、ロフト・ライ角調整機能もついています。

強弾道派ゴルファーさんがガッツリ振りにいけるドライバーですね。

 「G400 LST vs G410 LST」ドライバーの比較データ

マイケル・ニュートンプロの試打レビューをご紹介。

マイケル・ニュートンプロは、"Lytham Golf Academy" にてレッスン、カスタムフィッティングを行う PGA ティーチングプロです。

マイケル・ニュートン(Michael Newton)プロ

マイケル・ニュートン(Michael Newton)プロ。

s New Better Than Old? Ping G410 LST Driver VS G400 LST Driver

こちらがマイケル・ニュートンプロによる「G400 LST vs G410 LST」ドライバーの比較データです(GCQuad による試打データです)。

クラブ ボールスピード 打ち出し角 スピン量 ピーク高さ キャリー トータル
G400 LST
(PING TOUR 173-65)
mph ° rpm ヤード ヤード ヤード
1 160.5 12.3 2123 33 284 307
2 161.3 12.3 2400 36 280 301
3 163.7 9.6 2531 30 279 302
4 164.6 9.3 3206 33 270 288
5 164.1 10.1 2706 33 278 299
平均 163.0 10.5 2612 33 278 299
クラブ ボールスピード 打ち出し角 スピン量 ピーク高さ キャリー トータル
G410 LST
(PING TOUR 173-65)
mph ° rpm ヤード ヤード ヤード
1 160.4 11.5 2586 35 274 295
2 164.2 10.9 2198 31 288 312
3 165.6 10.4 2791 35 280 301
4 167.5 8.9 2414 28 285 310
5 163.7 9.2 2861 31 273 294
平均 163.9 10.0 2589 31 278 301

性能重視の PING が、あなたのゴルフをガッチリサポート

楽天のロゴ ⇒ PING ドライバー

 ⇒ PING ドライバー

 ゴルフウェア情報

 「みんなのレビュー!」コーナー。

PING(ピン) G410 ドライバー、あなたの評価&試打レビューなどをコメント下さ~い!

HTML Comment Box is loading comments...

※リンクは「楽天市場」、「Amazon」へ移動するものがあります。


関連記事

世界から学ぶ、ゴルフのコツ、TOP へ


出掛けよう、ゴルフへ !

※楽天 GORA は、お気楽"一人予約"が可能です。

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

NsFarm の最新情報をお届けする、メルマガ登録はこちらからできます↓

メルマガ登録

Ns Farm、TOP Golf Create、TOP Basket Create、TOP Trade Create、TOP